泣いていい日まで - 柴田淳の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

柴田淳
公式サイト
泣いていい日まで  ♪  柴田淳
作詞 : 柴田淳
作曲 : 柴田淳

私のこと 守ってくれた靴
捨てられないでいた
泥だらけで 擦り傷見つめては
ありがとうね…

こんなふうに 守られて生きていけたら…
履き潰した靴を洗ってた
そばにいて…

寂しいのは私だけじゃない
ずっとそう思って 認めなかった
甘えるなと 涙こらえて
ひとり 歩いてきたの

小さな手のひらで
涙隠して

信じられるか信じられないか だけ
それがものさしだった
愛されるように愛してごらん なんて
あなただけよ

下手くそな呼吸でも 続けてるのは
小鳥でさえ楽しそうだから
笑ってるから…

悲しいのはあなただけじゃない
ずっとそう言って 励ましてきたけど
強い人も 疲れちゃったら
もう泣いてもいいかな

もたれた壁も 今は
とても優しい

切ないのは あとどのくらい?
抱えきれぬほど 胸は痛いの
誰かにまた 甘えられたら
ぎゅっと してくれるかな…

哀しいのは私だけじゃない
ずっとそう思って 笑ってみせる
負けるもんか と 涙こらえて
ひとり 歩いてゆくの

いつか 誰かの胸で
泣いていい日まで


ミニ情報
アルバム「親愛なる君へ」収録曲
柴田淳の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
泣いていい日まで/柴田淳の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ