熟れる - 乙三.の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

熟れる

 ♪ 

乙三.

作詞 : 大竹創作
作曲 : 大竹創作

忘れかけては 知らず知らずに
この年まで放っておいた夢を被う霞

心なしかそっと 晴れてくんだきっと
どうしてこんな青い空がここにあるから

出会ってから二度目の春が笑って あの日吹いた風そのまま
一人じゃない心地を身に沁み受けて 少し毎日が優しくなった

何度通う道 解ってはいても
忙しさを理由にして無視する信号

嫌になっては いつか必ず
胸を張って暮らす未来に頷く

多分九日ぶりの雨が歌えば 訳もなく君に逢いたい
情けないね近頃涙脆くて 強く想う程染つる泣き虫

桜ヒラヒラ散る間に 街はそわそわ浮かれて
二人テクテク重ねた季節熟れる

諦めない強さをくれたのは雲じゃない どんな我慢にも耐えて
がんばりすぎちゃ駄目と怒る君の目
光る何かが咲いて零れた


ミニ情報
アルバム「お気楽ムード」収録曲
乙三.の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
銀座ムード
嗚咽
二人の距離

快速トレイン
それゆけ!湯気マーちゃん
ねぇ、チェリー
モッツァレラ先生
陽炎
怪盗ボイン
熟れる/乙三.の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ