椅子 - 森山直太朗の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

椅子-森山直太朗
Jword 森山直太朗
公式サイト
椅子  ♪  森山直太朗
作詞 : 森山直太朗・御徒町凧
作曲 : 森山直太朗・御徒町凧

時間の止まった 北向きの部屋
遠い春先のグランドに 知らない声が響いてる
飛行機雲が 空を割る
君がいるのはきっと 遥か向こうの側の空の下

ああ日は昇る 意味もなく呟いた
「ごめんなさい」だなんてさ

お気に入りの椅子に座って いなくなった君とお喋りしたよ
どこでもドアをくぐって あの日の君に会いに行きたい

もうどれくらい ここにいるだろう
動かなくなった心 ブリキの体は 誰の物でもないみたい

もう日は落ちる 何もかも引き連れて
慈愛 無常 自由 惰性

黄色い布の椅子を愛した 君はここから遠ざかってゆく
明日には素知らぬ顔さ 新しい歌、町に流れる

お気に入りの椅子に座って 回る世界に逆らってるよ
迷子には慣れてる方さ 見飽きた景色に
黄色い色の椅子を愛した 君はここから遠ざかってゆく
埃をかぶったこの古椅子で そしてうたた寝 あの日の君と


ミニ情報
アルバム「諸君!!」収録曲
森山直太朗の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
レスター
さなぎの時代
僕らは死んでゆくのだけれど
魂、それはあいつからの贈り物
嗚呼
君のスゴさを君は知らない
とは
電車から見たマンションのベランダに干してあったピンク色のシャツ
傘がある
金色の空
椅子/森山直太朗の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ