臆病なライオン - より子の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

より子
公式サイト
臆病なライオン  ♪  より子
作詞 : より子
作曲 : より子

はじめて誰かが“犬切な人”になった
はじめてボクは臆病になった
立ち止まる足はもう自分のことだけを
考えて走れなくなってしまった

怖いものなんて一つもなかったのに
ボクの中で知らないボクが
いるみたいだ

大切な人がいる だから
傷つくことを恐れない 勇気が欲しい
笑っていて欲しい だから
悲しみに負けない強さください

はじめて誰かを想って泣いた時
何かがボクの中で砕け散った
透明な鎧を脱ぎ捨てた瞬間に
本当の強さがそこにあった

戸惑いながら押さえた胸熱く
ボクの中で知らないボクが
目を醒ますよ

大切な人がいる だから
どんな暗闇もボクは歩いてゆける
笑っていて欲しい だから
悲しみに負けない強さください

本当の強さは
本当の怖さの裏側にあるのかもしれない

大切な人がいる だから
傷つくことを恐れない 勇気が欲しい
笑っていて欲しい だから
悲しみに負けない強さください

大切な人がいる だから
どんな暗闇もボクは歩いてゆける
笑っていて欲しい だから
悲しみに負けない強さください


ミニ情報
アルバム「願う」収録曲
より子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
臆病なライオン/より子の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ