青い春.虚無 - Base Ball Bearの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Base Ball Bear
公式サイト
青い春.虚無  ♪  Base Ball Bear
作詞 : 小出祐介
作曲 : 小出祐介

窓ガラス割ろうとしてた君の心は
凍ったまま 凍ったまま
虚しさが痛むよ

奴を殴ろうとしてた君は拳を
握ったまま 握ったまま
隠して今夜も泣いた

嗤った 彼らの声に 耳を塞げよ 貝になって

ああ 今は光が見えなくとも
暗がり 走り抜けろ
そう 訳も無くからっぽの季節だけど
それが 青い春だ

星に願いをかけた君のその眼は
潤んだまま 潤んだまま
乾く様子はない

助けてほしいという君の叫びは
届いたのかな 届いたのかな
誰が聞いてくれるの

夕方 感じた傷の 僕はもういない 嘘みたいに

ああ 今は光が見えなくとも
暗がり 走り抜けろ
そう 訳も無くからっぽの季節だけど
それが 青い春だ

嗤った 彼らの声に 耳を塞げよ 貝になって
夕方 感じた傷の 僕はもういない…


ミニ情報
アルバム「十七歳」収録曲
Base Ball Bearの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
青い春.虚無/Base Ball Bearの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ