ひとすじ - 北島三郎の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

Jword 北島三郎
公式サイト

ひとすじ

 ♪ 

北島三郎

作詞 : 久仁京介
作曲 : 原譲二

花ならば春の 初桜
月なら秋の 十三夜
男意気地を 貫き通し
修羅の巷を 生きてきた
嘆かず媚びず 世の中の
古い男で いいじゃないか

泣ける時ゃひとり 泣くがいい
恨みと夢は 紙一重
おれが信じて 選んだ道を
惚れたあいつも ついてきた
人生半ば この世間
熱い情けが いいじゃないか

晴れ渡る空に 富士の山
高嶺の雲も 勇ましく
放つ光の その影となり
人をささえて 自らも
男のすじを 通しつつ
生きてゆくのも いいじゃないか


北島三郎の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
夢千里
男華
幾多の恩
二人三脚、ふたり道
男の勝負
今を行く
風は吹く
父と娘
夫婦綴り
合わせ鏡
ひとすじ/北島三郎の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ