ある九月の朝 - 佐野元春の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

佐野元春
公式サイト
ある九月の朝  ♪  佐野元春
作詞 : 佐野元春
作曲 : 佐野元春

ベッドから起きだし
日常への扉をくぐる瞬間
僕は非常に激しく
朝の神秘を感じる

さらさらした都市の朝
秋虫の音、ツグミの声
ボイラーのうなり、木々のざわめき

友達の何人かが命(life)を解雇される
友達の何人かが魂(soul)を傷めている

コーンフレークの憂鬱
ビタミン剤の退屈

ニューヨークから来た友人は言う
「トウキョウ ハ クレイジー」
「東京 は クレイジー」
ニューヨークは正気か? パリは? ロンドンは?
ベルリンは正気か?

新たな指標をもたない現代都市の幻影が
私達の朝の食卓を徘徊する

太陽がもう少し昇ったら
彼女にはくちなしの花を贈りたい
「メッセージは明確になってきた」という
メッセージを添えて


ミニ情報
アルバム「BEATITUDE-Spoken Words」収録曲
佐野元春の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ある九月の朝/佐野元春の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ