雪国 〜駒子 その愛〜 坂本冬美 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

坂本冬美
公式サイト
雪国 〜駒子 その愛〜  ♪  坂本冬美
作詞 : たかたかし
作曲 : 弦哲也

トンネル抜けたら そこは雪国
駒子は氷柱(つらら)と 暮らしています
あの日あなたと 燃えつきて
死ねば 死ねばよかった…
逢いたい人に 逢えないつらさ
悲しい酒が 雪になる

涙は見せない 決してあなたに
わたしが望んで 愛されたから
今度訪ねて くれるのは
あなた あなたいつです…
夜汽車の灯り 女の胸に
流れて吹雪く 国境

待つのはいやです だけど好きです
柱の時計も 止まっています
あれは雪折れ 夜の底
音が 音がさびしい…
明日の夢を 語れぬ窓に
あなたが降らす 春の雪


坂本冬美「雪国 〜駒子 その愛〜」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
坂本冬美の人気曲 この歌手の人気曲一覧

アジアの海賊♪追い風吹けば波に乗れ
風うた♪赤いセロファン とかしたような
冬蛍♪吹雪の向こうの 赤ちょうちん
安奈♪安奈 おまえの愛の灯は
桜の如く♪どんな試練が 待ちうけようと
千曲川♪水の流れに 花びらを そっと浮かべて
津軽海峡・冬景色♪上野発の夜行列車 おりた時から
秋まつり、お月さま♪茜にそまる西の空に 家路をいそぐ
祝い酒♪浮世荒波 ヨイショと越える
⑩雪国 〜駒子 その愛〜♪トンネル抜けたら そこは雪国

坂本冬美の新曲 この歌手の新曲一覧

百夜行♪この世のむこうの そのむこう
恋花♪花は誰の為に ひとりで咲くの
石狩挽歌♪海猫(ごめ)が鳴くから
大阪しぐれ♪ひとりで 生きてくなんて
津軽海峡・冬景色♪上野発の夜行列車 おりた時から
舟唄♪お酒はぬるめの 燗がいい
千曲川♪水の流れに 花びらを そっと浮かべて
越冬つばめ♪娘盛りを 無駄にするなと
人生いろいろ♪死んでしまおうなんて
愛燦燦♪雨 潸潸(さんさん)と この身に落ちて

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ