雨の日の仲直り 平川地一丁目 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

平川地一丁目
公式サイト
雨の日の仲直り  ♪  平川地一丁目
作詞 : 林龍之介
作曲 : 林龍之介

雨の日はいつも一人きり
窓越しに思い出を見る
曇ったガラス指で文字を引く
「ありがとう」と心にウソを

言いたい言葉は沢山あるけど
笑った思い出沢山あるから

いつか曇り空からのぞく
晴れ間をゆっくり待って
空にかかる虹を指差し
二人で過去に背を向け
明日を夢見て

あの頃と今を重ねても
はみ出してしまうよ僕が
心ではいつも夢を見て
頭では現実を知る

言い訳したい事沢山あるけど
「ごめん」とあやまる方がいいから

いつか曇り空からのぞく
晴れ間をゆっくり待って
空にかかる虹を指差し
二人で過去に背を向け
明日を夢見て

いつか曇り空からのぞく
晴れ間をゆっくり待って
瞳閉じて風のゆりかご
しばらくあの頃のまま


ミニ情報
アルバム「雪解けの頃に届く手紙」収録曲
平川地一丁目の新着歌詞を見る⇒
平川地一丁目の人気歌詞を見る⇒
平川地一丁目「雨の日の仲直り」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
この歌詞をスマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ