翡翠 一青窈 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

一青窈
公式サイト
翡翠  ♪  一青窈
作詞 : 一青窈
作曲 : 武部聡志

梅雨入りの陽が
こんな短いものと思わなかった。
あなたの腕の
五分進んだ時計にも慣れてた。

カンカン帽に隠れるようにそっと二つ重なる。
待ち焦がれてた意地悪な甘さ、を
もう一つねだった。

そのうちより今のうち
この気持ちも今のうち
淡く、あわく、翡翠(ひすい)のよう
いつかじゃなく今がいい

あなたがくれた確かな言葉
宝石よりも重く。
永遠、だけは見えないものだから
無いのかもしれない。

何を疑わず何を信じきれずにいるのか
この流れぬ悩み、からは
一度さえも出られず。

しとしと降る雨が 少しだけやむまでを待って
振り向くのを期待して もう一つをねだった

私たちは今のうち
この気持ちも今のうち
儚い、はかない、翡翠のよう
いつかじゃなく今がいい

そのうちより今のうち
この気持ちも今のうち
淡く、あわく、翡翠のよう
いつかじゃなく今がいい


ミニ情報
アルバム「BESTYO」収録曲
アルバム「ハナミズキ-君と好きな人が 百年続きますように-」収録曲
一青窈の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
一青窈「翡翠」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ