降りそうな幾億の星の夜 RAG FAIR 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

RAG FAIR
公式サイト
降りそうな幾億の星の夜  ♪  RAG FAIR
作詞 : 井手コウジ・引地洋輔
作曲 : 井手コウジ

降りそうな幾億の星の夜 逢いたくて待っているよ
あなたが遥か宇宙(そら)へと消えても 此処で唱うだろう

きらきらひかる ひらひらきえる

七月の夢花火 二人、頬を染めた
愛してる 言っただけ 胸が千切れていた

「永遠なんてありはしないよ…」 つぶやく声に僕は何も
言い返せないまま雲を見てた あの日と同じ夜月

降りそうな幾億の星の夜 ふたつだけ河を超える
奇跡がもしも今夜起きるなら あなたに逢いたい

まぼろしを浮かべては 一人、手を伸ばした
愛してる いまはただ 音もなく響いた

「もう少しだけこのままいさせて…」 かすかな光 腕の中で
ひとしずく流れてくその理由(わけ)に せめて気づいてたなら

降りそうな幾億の星の夜 逢いたくて待っているよ
あなたが遥か宇宙(そら)へと消えても 此処で唱うだろう

いつまでもいつまでも巡る想いよ どこまでもどこまでも果てなく照らせ
いつの日かいつの日かあなたが眠る 彼方まで彼方まできっと

降りそうな幾億の星の夜 僕はまだ此処にいるよ
奇跡をもしも今夜起こせるなら あなたに逢いたい

きらきらひかる ひらひらきえる


ミニ情報
アルバム「オクリモノ」収録曲
RAG FAIRの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
RAG FAIR「降りそうな幾億の星の夜」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ