偲び逢い 加門亮 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

加門亮
公式サイト
偲び逢い  ♪  加門亮
作詞 : 麻こよみ
作曲 : 森川龍

風が出て来たね 夜も震えてる
おまえの肩先 抱き寄せる
たとえどんなに 愛していても
世間が許さぬ 恋がある…
この手に奪えぬ 腑甲斐なさ
髪の匂いが せつなく揺れる

星が泣いているね 月も潤んでる
二人のつらさが わかるのか
今の生活(くらし)を 捨てろと言えば
なおさらおまえが 困るだけ…
いつかは別れる 恋なのに
影も寄り添う せつない夜よ

頬が冷たいね 指も凍えてる
にじんだ涙の せいなのか
できることなら 誰より先に
逢えたらよかった おまえには…
見つめる瞳の いじらしさ
俺の心が せつなく揺れる


加門亮の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
加門亮「偲び逢い」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ