箱根八里の半次郎 氷川きよし 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

氷川きよし
公式サイト
箱根八里の半次郎  ♪  氷川きよし
作詞 : 松井由利夫
作曲 : 水森英夫

廻(まわ)し合羽も 三年がらす
意地の縞目(しまめ)も ほつれがち
夕陽背にして 薄(すすき)を噛めば
湯の香りしみじみ 里ごころ
やだねったら やだね
やだねったら やだね
箱根八里の半次郎

寄木細工よ 色恋沙汰は
つぼを外せば くいちがう
宿場むすめと 一本刀
情けからめば 錆がつく
やだねったら やだね
やだねったら やだね
まして半端な 三度笠

杉の木立を 三尺よけて
生まれ在所を しのび笠
おっ母すまねぇ 顔さえ出せぬ
積もる不幸は 倍返し
やだねったら やだね
やだねったら やだね
箱根八里の半次郎


氷川きよしの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
氷川きよし「箱根八里の半次郎」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ