永遠の夏 サスケ 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

サスケ
公式サイト
永遠の夏  ♪  サスケ
作詞 : 北清水雄太
作曲 : 北清水雄太

柔らかい風が カーテン揺らせば
浮かんでくるよ 君がいた夏

真夜中に 校舎のフェンス乗り越え
こっそりと 忍びこんだね 誰もいないプールに

素足ではしゃぐ君 跳ねた水しぶき
キラキラと すべてが眩しくて

息も出来ない程に 君が好きだった
永遠 信じてた恋
そっと 肩を寄せ合って 撮ったポラロイド
アルバムに 今 しまうよ この想いと共に…

小さなバス停の看板に二人
内緒で書いた名前は 現在(いま)もそのままで

長く続く坂道 見えるカゲロウに
君の影 いるはずもないのに

息も出来ない程に 君といたかった
二度とは戻れない日々
季節のページめくり また出逢えたなら
伝えたい「さよなら」の代わりに「ありがとう」

ああ いつか僕ら 一緒に見た 打ち上げ花火
「キレイだね」と笑う君と あの夏を忘れない…

息も出来ない程に 君が好きだった
永遠 信じてた恋
そっと 肩を寄せ合って 撮ったポラロイド
この想いと共にしまうよ

息も出来ない程に 君といたかった
二度とは戻れない日々
季節のページめくり また出逢えたなら
…ルララルラ さよならの代わりに

笑顔で手を振るよ 過ぎる夏と共に…


ミニ情報
アルバム「青いベンチ〜好きだった…誰にも言えない恋だった〜」収録曲
アルバム「青春の声が聴こえる」収録曲
サスケの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
サスケ「永遠の夏」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ