天気職人 ポルノグラフィティ 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ポルノグラフィティ
公式サイト
天気職人  ♪  ポルノグラフィティ
作詞 : 新藤晴一
作曲 : 岡野昭仁

この地球が眠りにつく頃
明日の空を仕込む天気職人は
黙々と色を混ぜ合わせて
世界を覆う 空を染め上げる

同じものなんて
二度とは出来やしない
いつでも気持ちを織り込む
ただ頑なに

雨にもちゃんとした素敵な理由がある
誰かの事を想う時にはこぼれる涙隠してくれる
晴れたらちょっとだけ青い色を借りて
痛む心に鳥を描こう いつかは風が吹き抜けてゆくでしょう
いつだってしかめっ面な彼が
今朝の仕事には少し満足げ

だから君の事
初めて誘えそうなんだ
ずいぶんぐずついた僕の背中を押して

最高の天気は最高の口実に
傘を離した右手を君に差し出してみようと思ってる
海にも街にも続いたこの空を
どこまでだって歩いてゆこう 眩しい陽の光につつまれ
そんな風に思いを巡らせたそがれに
明日はどんな日になるのかな 明日こそは誘えるといいのにね


ポルノグラフィティの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ポルノグラフィティ「天気職人」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ