不知火酒 八代亜紀 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

八代亜紀
公式サイト
不知火酒  ♪  八代亜紀
作詞 : 荒木とよひさ
作曲 : 聖川湧

ふらり降りて 枕木踏めば
波は銀色 海鳥(かもめ)が騒ぐ
赤い線路(レール)に 夕陽が落ちりゃ
有明海(うみ)には不知火(しらぬい)
灯りが揺れる
愛しいあの娘(こ)は
泣いてるだろなぁ
今夜は火の酒 恋の酒
酔いなっせ 酔いなっせ
「飲まんね…」 男は茶わん酒

ぐらり酔えば ちぎれる汽笛
酒の肴(つまみ)は 高菜でよかよ
親父薩摩で おふくろ肥後よ
右手で八合 情けで二合
今でもあの娘(こ)は
待ってるだろなぁ
今夜は火の酒 恋の酒
武者んよか武者んよか
「飲まんね…」 男は茶わん酒

愛しいあの娘(こ)は
泣いてるだろなぁ
今夜は火の酒 恋の酒
酔いなっせ 酔いなっせ
「飲まんね…」 男は茶わん酒


八代亜紀の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
八代亜紀「不知火酒」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ