海猫挽歌 永井裕子 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

永井裕子
公式サイト
海猫挽歌  ♪  永井裕子
作詞 : 荒木とよひさ
作曲 : 浜圭介

窓を開ければ海鳴りが 鉛色した海峡が
日暮れどきには軒先を 鴎が低く飛んでゆく
たまにはお店を 休もうか
町へ素顔で 出かけよか
あの人帰っちゃ 来ないのに
別れて三年 たったのに

錆びた手摺(てすり)にハンカチを ふたり泣いてたあの映画
いつか帰って来るようで 桜の花が咲く頃に
髪の毛結んで 口紅(べに)さして
店の支度を 始めよか
あの人帰っちゃ 来ないのに
葉書のひとつも 来ないのに

ひとり手酌でぬる燗を 常連(きゃく)も覗かぬシケた晩(よ)は
涙まじりの舟歌が 想いでばかり連れて来る
今度生まれて 来たときは
鴎だったら いいのにね
あの人帰っちゃ 来ないのに
会えなきゃ死んだと 同じこと


永井裕子の新着歌詞を見る⇒
永井裕子の人気歌詞を見る⇒
永井裕子「海猫挽歌」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
この歌詞をスマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ