永井裕子「海猫挽歌」歌詞

歌詞ナビ
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > 永井裕子 > 海猫挽歌 歌詞

海猫挽歌 / 永井裕子
amazon検索

「海猫挽歌」歌詞

歌手:永井裕子
作詞:荒木とよひさ
作曲:浜圭介


窓を開ければ海鳴りが 鉛色した海峡が
日暮れどきには軒先を 鴎が低く飛んでゆく
たまにはお店を 休もうか
町へ素顔で 出かけよか
あの人帰っちゃ 来ないのに
別れて三年 たったのに

錆びた手摺(てすり)にハンカチを ふたり泣いてたあの映画
いつか帰って来るようで 桜の花が咲く頃に
髪の毛結んで 口紅(べに)さして
店の支度を 始めよか
あの人帰っちゃ 来ないのに
葉書のひとつも 来ないのに

ひとり手酌でぬる燗を 常連(きゃく)も覗かぬシケた晩(よ)は
涙まじりの舟歌が 想いでばかり連れて来る
今度生まれて 来たときは
鴎だったら いいのにね
あの人帰っちゃ 来ないのに
会えなきゃ死んだと 同じこと


永井裕子の歌詞ランキング

永井裕子の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

リアルタイムランキング(19:01更新)

1 秋の子薬師丸ひろ子
2 Christmas for youリュ・シウォン
3 キラーキュイーンバニラビーンズ
4 日の丸のはた童謡
5 まりと とのさま童謡
すべて見る▶
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.