鈍色の日 Uru 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

鈍色の日  ♪  Uru
作詞 : Uru
作曲 : 川口大輔

ゆらゆら ゆらゆら 風に揺られてる
ゆらゆら ゆらゆら 風に靡かせている
つらつら つらつら 糸に引かれてく
つらつら つらつら 糸を引いてく

いつかは辿り着ける日を 心に描きながら
鈍色巻く 明日に怯えては 立ち止まる

生きてく力の弱さを 初めて知った時に
「それでも信じて歩む」
その意味が やっとわかった

ひらひら ひらひら 薄く照らされる
ひらひら ひらひら 薄く仰いでる

生きてく力の弱さを 初めて知った時に
「それでも信じて歩む」
その意味が やっとわかった

凛と 魅せている 窓に誇る造花が
空に背を伸ばして 光を浴びている

確かなものを求めては 傷つき 破れながら
それでも また 立ち上がる 例えどんなに醜くても

生きてく力の強さを 心に願った時
弱さを纏った自分も 許すことができた気がした


ミニ情報
アルバム「モノクローム」収録曲
Uruの新着歌詞を見る⇒
Uruの人気歌詞を見る⇒
Uru「鈍色の日」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
この歌詞をスマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ