歌詞ナビ ランキング
ランキング
アルバム
アルバム



no_image ファンタジア
歌手:テゴマス
作詞:森たまき
作曲:小松清人

アルバム「テゴマスの青春」収録曲

物語のようにはじまりは 何気ない日々の風景で
僕はまるで 無色のページを 色づけてく主役みたい

虹を渡り はしゃいでみたり 夜空を飛んだり
そんな長い旅の途中で あなたと出逢った

まっすぐに 恋をして 知ったんだ 唇で
そっと呼吸が溶けあうなんて

世界が騒ぎだした あなたを愛したから
せつない胸の痛み 感じてるよ 感じてるよ
あなたの指先は 柔らかなファンタジア
頬に触れるたびにこぼれた
それは涙

物語の最後は必ず 続きを匂わせるけれど
僕に見えるリアルはいつでも 思い通りいかないみたい

ビルの谷間 交差する人 誰もが欲しがる
愛がどこにあるか教えて サインはないかな

この声が もう一度 その胸に 届くなら
どんな時空も超えられるのに

世界が時を止めた あなたを失くしたから
今でも夢の続き 探してるよ 探してるよ
あなたの足跡は 鮮やかなファンタジア
消えない輝きを残して

世界が騒ぎだした あなたを愛したから
せつない胸の痛み 感じてるよ 感じてるよ
あなたの指先は 柔らかなファンタジア
頬に触れるたびにこぼれた
それは涙



ツイート LINEで送る
この歌詞のURL

テゴマスの新着歌詞
蒼色ジュブナイル
♪すり抜けた風の匂いから
ハルメキ
♪始まりの陽射し さえずる鳥
いつかの街
♪コートを脱ぎ捨て 草木が色を変え
DONUTS
♪実家の押し入れから 黒いドーナツを見付けたよ
タイムマシン
♪僕だけに 見せる笑顔 本当に好きだった

テゴマスの歌詞一覧


歌詞ナビ PCページで見る

  • 新着
  • 歌手名目次
  • 検索
  • 曲名目次
  • ランキング
  • アルバム情報
  • リアルタイムランキング
  • 歌詞ナビTOPへ