夏への扉 テゴマス 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

テゴマス
公式サイト
夏への扉  ♪  テゴマス
作詞 : 桜井秀俊(from 真心ブラザーズ)
作曲 : 桜井秀俊(from 真心ブラザーズ)

最後の夏が来る 校庭をまた走る
連敗記録は のびる
それでも いつでも 頭からすべりこむ

あの娘は今頃は 塾だか図書館さ
勝利の女神よ 笑ってみてよ
そしたら フェンスの 向こうでも飛ばせるさ

追いかける このちっちゃな ボールさえ
決して思うようにはいかない
二度とない ひとときも
忘れてしまうかもしれない
ひとつだけ 見つけたい
信じてゆけるものを ひとつ 風の中
大きなフライが 真白な 雲に溶ける

最後の夏だから 僕らは汗になる
あの娘は どんな顔をするの?
打球が フェンスの 向こうへ消えたときに

あきらめて しまうには あまりにも
恋はまぶしいものだったよ
ハンカチも さみしさも
忘れてしまうものなのかな
ひとつだけ 見つけたい
信じてゆけるものを ひとつ 風の中
大きなフライが 真白な 雲に溶ける
大きなフライが 真白な 雲に溶ける


ミニ情報
アルバム「テゴマスのうた」収録曲
テゴマスの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
テゴマス「夏への扉」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ