Anly「初恋」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > Anly > 初恋

Anly「初恋」のジャケット画像

初恋

歌手:Anly
作詞:Anly
作曲:Anly

遮るものはなく
思ったまんまに
目に映るものを
書き綴った日々

窓側の席に
よく座るあなたの
横顔が見たくて
海を見るふりしてた

朝の冷たい風が
遠くで鳴く犬の声を運んでくる
君の足音が階段をのぼる

今でも胸が鳴る
違う恋をしても
あのとき誤魔化した気持ち
いつか伝えたい

歌にとどめた少年のまま
チクタク時間が進んでも
色褪せることなどない初恋

数学が苦手で
勇気を振り絞って
教えてほしいと
あなたの肩を叩いた

あのときにもらった
青いシャーペンは
お守りのようにいつも
ポケットにいれてた

夕暮れのグラウンド
走る姿ベランダから眺めていた
振り向くあなたは
誰を探してたのかな

今でも覚えてる
照れたあなたの顔
あのとき聞きたくなかった
誰が好きなんて

あなたのこと好きだった

ああ 今でも
ああ 今でも 今でも

今でも胸が鳴る
違う恋をしても
あのとき誤魔化した気持ち
いつか伝えたい

きっと今はこの胸の痛みが
あなたの幸せを願う
遠いこの街で歌う
色褪せることなどない初恋

初恋

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

Anlyの人気歌詞

Anlyの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.