ヒトリエ「バスタブと夢遊」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > ヒトリエ > バスタブと夢遊

ヒトリエ「バスタブと夢遊」のジャケット画像

バスタブと夢遊

歌手:ヒトリエ
作詞:wowaka
作曲:wowaka

甘い夢をかじって
抜け出せなくなりそうなの
呆れ顔もいつの間にか病みつきになって
都会のど真ん中
浴槽に浸かって溺れてみたの
微かに聞こえる叫び声

キツい酒を入れて
テレビの狂騒に身を委ねる
馬鹿みたいにはしゃぐ声が耳障りだって
都会のど真ん中
またそれを使って溺れてみるの
次も帰ってこれるといいな

悪い冗談だろ
ってことばかり起こる世界です
いったい誰のせい
詳しく教えて下さい先生
向かいの部屋ん中
御馳走にありつく人を眺める
眩しさでなんだか吐気がするんだ

甘い夢をかじって
抜け出せなくなりそうなの
腐れきったその色が瞼に焼き付いて
都会のど真ん中
その色に染まって溺れてみたの
耳鳴りが鳴り止まない

ああ、
もういいやって
やってやり尽くして
また蹴って殴って息を止めちまえ
決定待ってくたびれた
その顔に向かって唾を吐くんだ
やってやって
出し尽くしたら
痛いの、痛いのも飛んでくんだ
きっときっと
そんな風にさ、誰かのこと

誰だって殺しちゃってんだ。
いつだってそれに泣いてる。
今日にだってその姿はどうにだって壊れちゃうだろう。
君だってギリギリってんで、泣いてた。
って、気にしないけど。
僕だってそこにいるから、
ちょっとくらいならそれも良いと思えてんだよ。

甘い夢をかじって
抜け出せなくなりそうなの
呆れ顔もいつの間にか病みつきになって
都会のど真ん中
浴槽に浸かって溺れてみるの

悪い冗談だろ
ってことばかり起こる世界です
腐れきったその色が瞼に焼き付いて
都会のど真ん中
その色に染まって溺れてみるの
もう戻ってこれそうにもないな

誰だって許しちゃってんだ。
いつだってそれで良いんだろう。
ねえ唄って、その姿をどうにだって壊しちゃってよ。
僕だってギリギリってんで、
泣いてたって気にしないから。
君だってそこにいるなら、
いつだってどうにだってしちゃってよ。

ねえ唄って

誰だって殺しちゃってんだ。
いつだってそれに泣いてる。
僕だってそこにいるから、
ちょっとくらいならそれも良いと思えてんだよ。

アルバム「DEEPER」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

ヒトリエの人気歌詞

ヒトリエの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.