siraph「dilatant」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > siraph > dilatant

siraph「dilatant」のジャケット画像

dilatant

歌手:siraph
作詞:Annabel
作曲:照井順政


砂のように崩れ落ち 消える街
泣きはらして火照った目にうつす

どれくらい こうしてたか わからない

ここにあったはずの君の熱と質量を探す
取るに足らぬものだと誰も皆、口を揃えて
それでも手を伸ばし 求める衝動
目眩とともに委ねる 足音に耳を澄まし

薄いノイズ混じる 夕立の中
歩き方を忘れてただ立ち尽くす

どれくらい こうしてたか わからない

ここにあったはずの砂の城も洗い流され
何度 作り直してもいつかは波に攫われ
醒めてく呼吸まで 温めなおし
寄せ集めの愛で両手を満たす 満たす

ひとの一生なんてのは
砂で出来た花びらのよう
何度 積み上げても崩れ
波に攫われまた繰り返す

ここにあったはずの君の熱と質量を探す
取るに足らぬものだと誰も皆、口を揃えて
それでも手を伸ばし 求める衝動
目眩とともに委ねる 足音に耳を澄まし

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

siraphの人気歌詞

1 quiet squallI felt the warmth descending f
2 dilatant砂のように崩れ落ち 消える街 泣
3 leap開け放たれた貝のように 暗黙の

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.