茅原実里「ふたり」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 茅原実里 > ふたり 歌詞

ふたり / 茅原実里
Amazonで見る

「ふたり」歌詞

歌手:茅原実里
作詞:茅原実里
作曲:黒須克彦


遙かなる憧れは 遠くにあるから想い焦がれる
大切に思えば思うほど 傷つけても気がつけずに

ああ、恋に恋をしてた
そう、好きになって知ったの 自分の弱さ

ひとりじゃないって ふたりなんだよって
いつもそばにいてくれたのに
許し合うこと 信じることも
わからないまま過ごしてた 日々にサヨナラ

正解も不正解もない世界だから不安になるけど
すべてうまくいくわけないって 笑うあなた抱きしめたい

「ああ…、そんなこともあったね」
そう、懐かしむ未来でありますように

ひとりじゃないから ふたりなんだから
どんな坂道だって登れるよ
“ふたり”の意味を 教えてくれた
真っ直ぐに見つめる瞳 滲んでいたね

ねえ、あなたが悲しい時
そう、私がいつだってそばにいるよ

ひとりじゃないって ふたりなんだよって
いつも包んであげたいから
優しくなりたい 強くなりたい
こんな気持ちははじめて
あなただから守りたいの 未来の中で


アルバム「Innocent Age」収録曲


茅原実里の人気ランキング

茅原実里の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2023 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.