Superfly「28」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > Superfly > 28

Superfly「28」のジャケット画像

28

歌手:Superfly
作詞:越智志帆
作曲:多保孝一


何度目の夏を迎えるだろう
変わらない空に、ため息ひとつ

愛情が飽和して戸惑うの
本当は君も同じでしょう?

やさしい君には呆れてくる
綺麗な言葉なんかより 強く抱きしめてよ
離さないって誓ってよ

いつかきっと君への愛を
もう一度信じたいけど
何度も問いかけてしまうの
このままでいいのかって
いつかきっと同じ未来を
二人で過ごしたいから
繋いだ手をゆっくりほどいて…
心揺らぐ前に

旅立たなきゃ 曖昧な関係から
少し距離を置きたいだけ

別々の道を選んだとしても
違う幸せに出会うのかな

君の唇も、君の声さえも
すぐに思い出せるの
気づけば心ごと支配されてしまってた

いつかきっと君への愛を
もう一度信じたいけど
何度も問いかけてしまうの
このままでいいのかって

君の唇も、君の声さえも
すぐに思い出せるの
気づけば心ごと支配されてしまってた

いつかきっと君への愛を
もう一度信じたいけど
何度も問いかけてしまうの
このままでいいのかって
いつかきっと同じ未来を
もう一度笑っていたいよ
いい加減な愛じゃないって
夏空に誓い合って

「28」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

Superflyの人気歌詞

Superflyの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.