渡辺麻友「夕暮れと星空の間」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > 渡辺麻友 > 夕暮れと星空の間 歌詞

渡辺麻友「夕暮れと星空の間」のCDジャケット

夕暮れと星空の間

歌手:

渡辺麻友


作詞:秋元康
作曲:石井健太郎

どこかで君の声が聴こえた
そんな気がした青い空
手の届かない
思い出の向こう側

君を乗せたあのバス
陽が沈んだ海岸線を
ゆっくり走りながら
やがて影の中に消えた

僕がもっと大人だったら
腕を掴み引き止めただろう
見送るのがやさしさだと
勘違いをしていた

星が見えるまでここにいた
サヨナラの停留所
打ち寄せる波音の数くらい
途方にくれて
恋は
いつまでも いつまでも
遠い彼方 眩しくて
暗くなるまで時間がかかった
インターミッション

確かに君を愛してたんだ
不器用なほど正直に
夢のその中で
何度も後悔した

夏が来ると何となく
この海へ来てしまうのは
偶然 会えるような
甘く淡い期待してるのかな

僕はやっと大人になり
今だったら引き止めるだろう
手放してはいけないもの
もう わかっているんだ

星が見えるまでここにいた
サヨナラの停留所
打ち寄せる波音の数くらい
途方にくれて
恋は
いつまでも いつまでも
遠い彼方 眩しくて
暗くなるまで時間がかかった
インターミッション

太陽 沈んだら
記憶は星座になって
悲しみなんて消えるはず
そう思っていたのに・・・

陽が沈み 暗くなり
星空になるまでに
僕たちは大切な何かを
置き忘れてる
ほんの
一瞬と思ってた
その時間の隙間には
もう戻れない運命のような
インターミッション

「夕暮れと星空の間」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

渡辺麻友の人気歌詞

1 正しい魔法の使い方どんな時に この魔法使えばいい? お願い
2 守ってあげたくなるアイスコーヒーの氷を
3 横顔ロマンス二つ目の トンネルの先 フロントガラスに海が
4 紛らしているこんな真夜中に眠れないのは 愚かな夢見そうで
5 出逢いの続き出逢いの中で続くものって 未来のために選ばれたもの
6 女の子なら風は昨日より 冷たいけれど こんな季節が好きなの
7 夕暮れと星空の間どこかで君の声が聴こえた そんな気がした青い空
8 トライアングラー君は誰とキスをする わたし それともあの娘
9 キスのソナー音こんな気持ちは初めてだ バラ色の空 広がった
10 カズンカズン カズン 君はいとこ 大人になったね ねえ
渡辺麻友の楽曲一覧を見る▶
このエントリーをはてなブックマークに追加
amazon検索
♪愛メロ♪ちゃんねる
[YouTube] [stand.fm]

関連人気情報

その時、蒼穹へ / angela
その時、蒼穹へ
angela

♪行け 行け 行け 行け 飛べ 飛べ
ひまわり / 今井美樹
ひまわり
今井美樹

♪偶然に迷いこんだ向日葵畑 遠い
ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.