牧野由依「たったひとつ」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 牧野由依 > たったひとつ

牧野由依「たったひとつ」のジャケット画像

たったひとつ

歌手:牧野由依
作詞:牧野由依
作曲:滝澤俊輔


クチナシの花咲き誇るころ
遠い空の下 想いはあなたへ
“お元気ですか?” 手紙を書くよ
いつも忙しいフリしてごめん

暖かな笑顔も時間も
全てが宝物
足早に過ぎる日々の前で
ほんの少し気づけた気がした

「ありがとう」素直に伝えられたらいいのに
あなたの優しさ遠ざけてしまう
心配させては後悔してる私

からっぽの部屋に 灯す明りは
何だか寂しく色づき始めた

弱虫な私は今日まで
強がってばかりで
うらはらな言葉振りかざしては
知らず知らず傷つけていたね

「ありがとう」涙がとめどなく溢れてく
小さな頃から変わらない愛は
今でも私の心を撫でてくれる

形無いものだから 欲しがり続けてしまったの
大切なものを一つだけ 手にできればいいのに

本当は誰より守られていたんだね
まっすぐあなたのもとへと
駈けて行くよ

「ありがとう」
「ごめんね」
「ただいま」
『おかえりなさい』
何度も何度も笑顔で応えた
「お元気でしたか?私は幸せです」

アルバム「タビノオト」収録曲


「たったひとつ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

牧野由依の人気歌詞

牧野由依の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.