エンレイ「都会の天使たち duet with 荒木とよひさ」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > エンレイ > 都会の天使たち duet with 荒木とよひさ

都会の天使たち duet with 荒木とよひさ

歌手:エンレイ
作詞:荒木とよひさ
作曲:堀内孝雄

この都会(まち)に 眠りの天使たちが
遊びに疲れて 夜を運ぶ
悲しみのベッドで 瞳を閉じれば
幼い昔へ 誰でも帰れる

せめて愛する人が 隣にいたら
夢の中まで 連れていけるはず
生きていることさえも 切ないなら
泣いていいから
心を抱きしめて
ひとりで 抱きしめて

人生は想い出 数えるだけ
人肌恋しい 寒い夜は
過ぎた日は いつでも綺麗すぎて
涙のかけらで 飾りをつけてる

せめて悲しい人が 隣にいたら
夢をわけあい 飲んでいるけれど
めぐり逢えれば いつか別れの日が
待っているから
心が泣きぬれて
ひとりで泣きぬれて

せめて愛する人が 隣にいたら
夢の中まで 連れていけるはず
生きていることさえも 切ないなら
泣いていいから
心を抱きしめて
ひとりで 抱きしめて

アルバム「蒼き星に生まれて」収録曲


「都会の天使たち duet with 荒木とよひさ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

エンレイの人気歌詞

エンレイの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.