若山かずさ「みれん恋唄」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 若山かずさ > みれん恋唄

みれん恋唄

歌手:若山かずさ
作詞:坂口照幸
作曲:幸斉修也

どんなに待っても 波止場には
いつも他人の 入船出船
分かっていたのよ 初めから
帰ると云った あなたの嘘も
みれん 汐鳴り 女の港

ひとりが気楽で いいなんて
あれは女の 口惜しさなのに
あなたも返して 欲しかった
怨みの一つ 憎まれ口を
みれん 盃 女の港

男と女が 切れること
ざらにあっても 私にゃいのち
戻っておくれよ もう一度
人恋しさに 降り出すしぐれ
みれん 残り灯 女の港

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

若山かずさの人気歌詞

若山かずさの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.