KNOCK OUT MONKEY「街」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > KNOCK OUT MONKEY > 街

KNOCK OUT MONKEY「街」のジャケット画像

歌手:KNOCK OUT MONKEY
作詞:w-shun
作曲:KNOCK OUT MONKEY


風吹く 息吸い込み
あぜ道 ただただ歩く
少年時代を懐かしむ午後2時

だけど いつまでも いつまでも
変わらぬ物があって
だけど いつまでも いつまでも
変わりゆく物と混じってる

街は今もこのまま 時間を共にし生きてるから
きっとあの頃と違う 景色へ移るから
記憶に留める

春は緑が茂り 夏に蝉が歌歌い
秋月増し 冬は木枯らし吹いて

それが いつまでも いつまでも
身体に染み付いて
そこで いつまでも いつまでも
ふとした時に蘇る

都会にない物とか きっとあの場所には生きてるから
ずっと懐かしさ残る 足跡は無くとも記憶にある
開けた場所には ただ空と海が 佇んでたから
ずっとそのままを眺め 呼吸を繰り返して
夕焼け 眺めてた

街は今もこのまま 時間を共にし生きてるから
きっとあの頃と違う 景色へ移るから ここで見てる
昔はただこのままの街に 不便さを抱いてた
でもあの頃と同じ 空気が流れてる
安らぎをくれる

アルバム「Mr. Foundation」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

KNOCK OUT MONKEYの人気歌詞

KNOCK OUT MONKEYの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.