少年と花火 歌詞 / ケツメイシ

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > ケツメイシ > 少年と花火

ケツメイシ「少年と花火」のジャケット画像

少年と花火

歌手:ケツメイシ
作詞:ケツメイシ
作曲:ケツメイシ・D.N.A.INSTRUMENTAL


空に舞い上がる花火が
僕の声をかきけした
遠く離れても またここで
見ようねって 約束したかったんだ

初めて君に会った夏の日
忘れないあれから時は経つのに
焼けた肌 白い歯 坊主頭で
いたずらに笑う あそこの川原で
どうしていいか 分からない僕は
ひたすら君の背中だけ追った
川遊び楽しい 草木の香り
抜けるような空 どこまでも青い

蛙 カブトムシにオケラ バッタ
見る物すべてが新鮮だった
鈴虫リンリン せせらぎに染み入る
最期の叫び 遠くからミンミン
あの夏の日 放り投げたノート
皆で必死に追い掛けたトンボ
夕立ち打たれ ずぶ濡れ走った
気付けば笑い 友の輪交じった

君と最後に見た花火が
大空をうめつくした
お月様も笑ってた
僕だけは 寂しかったんだ

夕焼けは町をオレンジに染め
遠くから響く 囃子の音
なんだか皆 慌ただしい
とにかく大きな花火らしい
広い河原 いつもの穴場
連れられて タコせんかじりながら
氷メロン イチゴ混ぜて合体
乾杯したら花火が上がった

手を広げ足んない 都会の何倍
真上の夜空満開
火の粉かかると頭押さえたら
隣で君 笑いこらえた
花火終わると寂しい
また次の夏も来るよ会いに
最後の夜も布団に隠れた
枕がそっと涙で濡れた

君と一緒に見た花火を
僕は今 一人で見てる
君は キレイな星になって
空の上から見ているのかな

君に会いたい


アルバム「KETSUNOPOLIS 9」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

ケツメイシの人気歌詞

1 流れ星星のキレイな空の下で 育った僕
2 叫び倒れりゃ確かに楽になるけど 倒
3 アドベンチアーズここから始まる 新しい世界 そこ
4 ケツメンサンバ酒だ 呑めや 歌え 気の合う仲間
5 さくらさくら舞い散る中に忘れた記憶と
6 トモダチずっと友だち だが時は経(た)ち
7 思うまま泣いて笑う君は 俺の心
8 夏の思い出夏の思い出 手をつないで 歩いた
9 幸せをありがとう寄り添う二人の幸せを願うように
10 君にBUMPBUMP BUMP 君じゃないと 合わせ
ケツメイシの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.