清木場俊介「名も無き花」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 清木場俊介 > 名も無き花

清木場俊介「名も無き花」のジャケット画像

名も無き花

歌手:清木場俊介
作詞:清木場俊介
作曲:川根来音

名前もまだ知らない町
波の音だけ続いている
忘れていた空の色や
海の名前口にすれば

どうしたんだろう?
胸の痛みが涙を誘うよ

春の日に残した言葉が
時を越えまだ傍にいるよ
瞳を閉じたらあの日の様に
変わらずにまだ君が居るよ

逝き場もなく咲いた花が
風に吹かれ空に揺れる
覚えてるはずの君の声が
今は遠く思い出せない…。

どうしてるだろう?
胸の痛みを誰かと癒すの?

夏の海 歩いた砂浜
足跡がまた消えて逝くよ
瞳を閉じてもあの日の夜が
心の奥でずっと響くよ…。

「名も無き花」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

清木場俊介の人気歌詞

清木場俊介の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.