新山詩織「ピアノ」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 新山詩織 > ピアノ

新山詩織「ピアノ」のジャケット画像

ピアノ

歌手:新山詩織
作詞:チバユウスケ
作曲:The Birthday


ピアノ 聞こえた 指が 見える
白と 黒の 上を

メロディ そこから 全て 始まる
息を 呑んで その場 立ちすくむ
誰も いない そんな 気持ち
消えた みんな 水色

雪の降る季節にそれはよく似てる
やわらかに落ちてくる 目をつむったように

原っぱ 寝てる 青い 蝶々
名前 つけた バベル ひびきで
羽の 音で 空気 揺れた
心 軽く あたたかく

花の咲く季節にそれはよく似てる
そしてあの娘は言う 春が来たねって

メロディ そこから いつも 始まる
息を するの 忘れて しまう
雲の すきま 抜けた ひかり
時には カミナリ 踊るよ 嬉しくて

雪の降る季節にそれはよく似てる
やわらかに落ちてくる 目をつむったように
花の咲く季節にそれはよく似てる
そしてあの娘は言う 春が来たねって

ピアノ 聞こえた 指が 見える
白と 黒の 上を

アルバム「ファインダーの向こう」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

新山詩織の人気歌詞

新山詩織の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.