藍井エイル「惑星の唄」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 藍井エイル > 惑星の唄

藍井エイル「惑星の唄」のジャケット画像

惑星の唄

歌手:藍井エイル
作詞:Heart's Cry
作曲:Heart's Cry

誰にも知られず消えてく流星
平気なようなふりをした孤独な熱

ここからどんなに祈っても あなたには届かない
この宙(そら)の色がなんだか切なすぎて

絶対もう忘れないから ちょっとだけでも触れていたい
弱くて脆くて健気で儚く揺れる
この時間の果てまで待ってるから

誰にも気付かれず叫んでる惑星
酸素のような言い訳で身を包んだ

ここから見えてる景色は もう二度と変わらない
あなたを表す光が届くまでは

絶対もう迷わないよ だってこれ以上泣きたくない
強くて鈍くてまっすぐ続く希望が
愛というものだったなら Ah....

絶対もう忘れないから ちょっとだけでも触れてたいんだよ
弱くて脆くて健気で儚く揺れる
この時間の果てまで待ってるから

アルバム「AUBE」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

藍井エイルの人気歌詞

藍井エイルの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.