馬場俊英「石ころ伝説」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 馬場俊英 > 石ころ伝説 歌詞

「石ころ伝説」歌詞

歌手:馬場俊英
作詞:馬場俊英・須藤晃
作曲:馬場俊英

前に話したっけ あの公園はその昔は米軍基地だった
あの私鉄の駅はその頃まだなかった
オンボロビルにモールにダウンタウンストリート
環状線は今日も工事中 この街はいつでも未完成
 
どこにしまったっけ 一枚の写真 どうしてもお前に見せたい
お前の親父がまだお前くらいの頃
いつもは静かな奴だったのに 友達のために殴りかかって
結局 殴られた 街角で
 
Once upon a time この道を駆け抜けた男がいた
何を求め 見つめたのか 今では知る由もない
Fighting for the life 道端の石ころが走りだし
流星になり 明日を照らしてた
 
強すぎる光は濃い影を作って 栄枯盛衰も世の常
でも後日談には誰も興味ないだろう
テナントが入れ替わったビルのように
区画整理をされた地図のように この街はいつでも知らん顔
 
いつか言いたかった 一通の手紙 どうしてもお前に見せたい
お前のおふくろが お前くらいの頃
会社をツブしてしまった彼は たぶん初めて負けたのでしょう
私は見届けます 大丈夫だと
 
Once upon a time この街を抱きしめた女がいた
何を愛し 見つめたのか 今では知るすべがない
Running on the life 道端の石ころが磨かれて
宝石になり 街を照らしてた
 
Once upon a time 人生を駆け抜けた男がいた
何を求め 見つめたのか 今では知る由もない
Fighting for the life 道端の石ころが走りだし 流星になって
 
Once upon a time 人生を抱きしめた女がいた
何を愛し 見つめたのか 今では知るすべがない
Running on the life 今日もいくつもの石ころが
この街のどこかを転がっている
 
Fighting on the street!!

アルバム「馬場俊英LP1〜キャンディー工場」収録曲


馬場俊英の人気ランキング

馬場俊英の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.