堂本剛「瞬き」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 堂本剛 > 瞬き

瞬き

歌手:堂本剛
作詞:堂本剛
作曲:堂本剛


瞬きするたび …
美しい詩はない

重なり合った
偶然必然を生きている
形在る 尊い いのちが
手と手を合わせ
明日(みらい)と昨日(かこ)を ほら …
抱き寄せて祈った儚い いま

今日があれば
明日が来ると思っていた
幼いボクが痛い

瞬きするたび
大切なものが消えていく
溺れても走る
眼差しの色が
叶わない恋みたい …

一瞬のときが
意識と無意識に
増えていく … 褪せていく …
生きていくたびに

squareへと恋をした日常が
温もりとか人らしさを
どこかへ連れ去ろうとする …
眼に映した何枚(いくつ)もの写真を
記憶出来ない儚さを愛していたい

目蓋を閉じれば
大切なものが溢れ出す
なにげないことほど 美しい詩はない
瞬きするたび
大切なものが消えていく
戻れない記憶を
過去(きのう)へ見送るブルース
誰もが鳴らしながら

そっと

未来(あす)を信じている …

ドラマ「天魔さんがゆく」主題歌
アルバム「shamanippon -ロイノチノイ-」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

堂本剛の人気歌詞

堂本剛の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.