近藤晃央「仮面舞踏会」の歌詞
歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > 近藤晃央 > 仮面舞踏会 歌詞

近藤晃央「仮面舞踏会」の歌詞を収録したCDジャケット画像

仮面舞踏会

歌手:近藤晃央
作詞:近藤晃央
作曲:近藤晃央


迷い込んだ館 聴こえる旋律に
僕の身体は舞い 踊る衝動に駆られていた
さあ妃 そのお手を拝借
どうぞ今夜は その唇より紅く燃える情熱に染まれ

そう そのテンポで 揺らぐ腰を寄せて
届きそうで届かぬような この距離を埋めて Show Time!

踊れ 解放せよ この夜が明けるまで
閉ざした扉の鍵を 開けるまで
僕に名は無い

誰が誰かさえ知らぬ この集いで
その瞳に映る自分さえも誰か解からぬまま

隠した表情 その頬に手を寄せて
「見えぬもの」はまるで「無い」ようだ
触れられるはずなのに

仮面の奥の涙 見えぬまま
口元で笑っていてくれるから
真実は闇に消えてく

謡え 解放せよ この夜を越えるまで
「閉ざした扉の鍵を“探す”意思こそ“鍵”だ」

踊れ 解放せよ この夜が明けるまで
閉ざした扉の鍵を 開けるまで
僕に顔は無い

隠れ 紛れ 消える前に 往け

アルバム「ゆえん」収録曲


「仮面舞踏会」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

近藤晃央の人気歌詞

近藤晃央の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

最新人気情報

ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.