三百六十五日 歌詞 / 中条きよし

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 中条きよし > 三百六十五日

中条きよし「三百六十五日」のジャケット画像

三百六十五日

歌手:中条きよし
作詞:しいの乙吉
作曲:しいの乙吉

三百六十五日 つかみどころのない街で
あなただけを 頼りに生きた 明日(あした)もみずに
三百六十五日 夢を見たのはいつ頃か
思い出せず 街並みれば 季節は冬か
夕暮れの 人混みの中
似たよな声に ふと足とめる
忘れたふりして いただけなのか
心のどこかで 捨てきれない
あなたへの あなたへの 想いが顔を出す

三百六十五日 春が暦の上にくる
心だけは 季節を読めず 過去(むかし)のままか
三百六十五日 あなたの無邪気な笑い顔
見たのは何時(いつ) 遥かな昨日 指折るばかり
この街を 越せないままに
いつしかなれた 独りの暮し
忘れたふりして いただけなのか
心のどこかで 捨てきれない
あなたへの あなたへの 想いが顔を出す

夕暮れの 人混みの中
似たよな声に ふと足とめる
忘れたふりして いただけなのか
心のどこかで 捨てきれない
あなたへの あなたへの 想いが顔を出す


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

中条きよしの人気ランキング

1 ダンチョネ子守唄つれて逃げれば ろくでなし 捨て
2 いろいろごめん強がり見せる 男ほど ほんとはテ
3 グッバイマイラブをあなたにグッバイ ラブ この手をはなして
4 三百六十五日三百六十五日 つかみどころのな

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
Hanamari(はなまり)
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.