AKIHIDE「黒猫のTango」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > AKIHIDE > 黒猫のTango 歌詞

黒猫のTango / AKIHIDE
Amazonで見る

「黒猫のTango」歌詞

歌手:AKIHIDE
作詞:AKIHIDE
作曲:AKIHIDE


捨てられた小さな黒猫
雨の中 ひとり ないていた
冷たくて 震えが止まらない
哀しくて 涙が止まらない
 
手を伸ばせば ほおずりをして上目遣い
甘え方を分かってるんだね
 
冷たい街にサヨナラをして 君と部屋へと逃げよう
胸に伝う小さな鼓動 そっと壊さぬように
…夜は更けてゆく
 
凍えてた孤独な心を 何度でも舐めては溶かしてゆく
 
窓の外は 今日も雨で
誰一人 僕たちの邪魔は出来ない
 
朝も夜も 抱き締め合って 淡い夢を踊ろう
爪を立てて 優しく噛んで 強く絡まりながら
…雨は降り続く
 
朝も夜も 抱き締め合って 淡い夢を見ていた
胸に残る君の爪痕 今も消えないまま
青く澄んだよく晴れた日に 君は遠くへ消えた
僕の愛しい気まぐれな猫 窓は開けておくよ
 
…帰るその日まで

アルバム「Amber」収録曲


AKIHIDEの人気ランキング

AKIHIDEの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.