ピコ「僕のノート(仮)」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > ピコ > 僕のノート(仮)

ピコ「僕のノート(仮)」のジャケット画像

僕のノート(仮)

歌手:ピコ
作詞:ピコ
作曲:samfree

時が過ぎて 僕は いつのまにか少し大人になってた
オキニのギター鳴らす「あの夏の君へ」って歌を聴いてください

誰も知らない 僕のノート 綴った本当の想い

ありふれた言葉だけど 僕は今日も唄うんだ
そっと閉まった「大好き」が いつか君に届くように

時が過ぎて 君は 今何してるんだろう どこにいるんだろう
笑うと出来るえくぼ それはきっと今も変わらないだろね

誰でも弾ける このコードに 僕だけのメロディで

ありふれた言葉だけど 僕は今日も唄うんだ
きっと君との思い出が 溢れたから泣いてるんだ

初めて交わした言葉とか 最後に交わした言葉とか
何度も何度も唄うから 忘れてしまうことが無いように

ありふれた言葉だけど 僕は今日も唄うんだ
そっと閉まった「大好き」が いつか君に届くように
そう 今日も唄うんだ

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

ピコの人気歌詞

ピコの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.