ティーナ・カリーナ「最後のラブソング」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > ティーナ・カリーナ > 最後のラブソング

ティーナ・カリーナ「最後のラブソング」のジャケット画像

最後のラブソング

歌手:ティーナ・カリーナ
作詞:ティーナ・カリーナ
作曲:nakaokaan


会話が途切れた 帰り道を二人歩く
何気なく触れる 手と手探してつないだ時

高ぶる心臓の音が聞こえないように
茶化して笑っては 涙こらえてた

この世界で流れてる どんなラブソングよりも
頬を濡らす涙の音が 胸に染み込んでくる

これで最後だと 気づいてたけど信じたくない
話したい事は 沢山あるけど言えないまま

終電ギリギリの地下鉄の改札で
あなたの手を強く握り返したの

この世界に溢れてる どんな言葉並べても
表せない ちぎれるほどの恋の痛みを知った

あなたのいる幸せを知ってしまったから
あなたのいない日々がこんなに寂しくなる
出逢う前の二人に戻るだけ
ただ ただ それだけ ただそれだけの事なのに

この世界でただ一人 あなただけが好きでした
この世界でたった一つの 想い消えてく
今も流れてる どんなラブソングよりも
頬を濡らす涙の音が 胸に染み込んでくる
胸に染み込んでくる

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

ティーナ・カリーナの人気歌詞

ティーナ・カリーナの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.