ハナレグミ「多摩蘭坂」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > ハナレグミ > 多摩蘭坂 歌詞

多摩蘭坂 / ハナレグミ
Amazonで見る

「多摩蘭坂」歌詞

歌手:ハナレグミ
作詞:忌野清志郎
作曲:忌野清志郎


夜に腰かけてた 中途半端な夢は
電話のベルで 醒まされた
無口になったぼくは ふさわしく暮してる
言い忘れたこと あるけれど
多摩蘭坂を登り切る 手前の坂の
途中の家を借りて 住んでる
だけど どうも苦手さ こんな夜は
お月さまのぞいてる 君の口に似てる
キスしておくれよ 窓から
 
多摩蘭坂を登り切る 手前の坂の
途中の家を借りて 住んでる
だけど どうも苦手さ こんな季節は
お月さまのぞいてる 君の口に似てる
キスしておくれよ 窓から

アルバム「だれそかれそ」収録曲


ハナレグミの人気ランキング

ハナレグミの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.