豊崎愛生「さすらいの迷える仔猫」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 豊崎愛生 > さすらいの迷える仔猫 歌詞

さすらいの迷える仔猫 / 豊崎愛生
Amazonで見る

「さすらいの迷える仔猫」歌詞

歌手:豊崎愛生
作詞:whoo
作曲:whoo

ベランダからとびだした
青い瞳のネコ 目で追いかけて
ゆっくり進む 時計の針に
身を任せている
 
眩しいくらいの日差しも
木陰に隠れて もう一眠り
毛なみを優しく
そっと撫でるみたいに
緩やかな 風が吹く
 
寝転んで 目をつむって
どんな夢をみている?
気ままな 昼下がりは
そんなふうに過ぎてゆく
 
お湯の沸いた音がして
目覚ましがわりのカフェオレ一口
ぐるぐる渦巻く ミルクみたいな
雲眺めてる
 
まどろんでゆく 夢の景色は虹の色
 
果てしなく 続いてく
空をドライブして
どこまでも どこまでも
キミの夢の中まで
 
迎えに ゆけるよ
虹色の車で
だからきっと 待っていて
 
さすらいの迷える仔猫

アルバム「Love letters」収録曲


豊崎愛生の人気ランキング

豊崎愛生の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.