AiRI「桜が見てた」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > AiRI > 桜が見てた 歌詞

桜が見てた / AiRI
Amazonで見る

「桜が見てた」歌詞

歌手:AiRI
作詞:藤本スミレ
作曲:松浦貴雄

薄曇りの空見上げた
教室の窓に君が映る
笑い声がさざめく中
私はひとり頬杖つく

君の席は少し遠くて
誰かの肩越し見える背中
眺めている時間をただ
幸せと呼んでいいでしょうか

小さな声で呼んでみるの
聞こえないね…振り向かないで…

好きなんだって言えたらいいのに
壊れないようにそっと胸の奥
言いかけた言葉を閉じ込めた
桜が見てた…淡い春の日 恋の始まり

チャイムの音 窓の外は
桜が風に遊んでいる
ノートの隅 迷うように
君の名前を書いて…消した

言葉にして伝えたなら
きっと何かが変わってしまう

好きだからって泣けたらいいのに
どうしようもないこんな気持ちを
どうして抱きしめているのでしょう
桜と見てた…君の背中 恋の始まり

好きなんだって言えたらいいのに
壊れないようにそっと胸の奥
言いかけた言葉を閉じ込めた
桜が見てた…淡い春の日 恋の始まり


PCゲーム「Princess Evangile 〜プリンセス エヴァンジール〜」エンディングテーマ
アルバム「Color」収録曲


AiRIの人気ランキング

AiRIの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2023 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.