春奈るな「煌く星の病」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 春奈るな > 煌く星の病 歌詞

煌く星の病 / 春奈るな
Amazonで見る

「煌く星の病」歌詞

歌手:春奈るな
作詞:マチゲリータ
作曲:マチゲリータ


――「煌く星の病」――
 
紺碧の中。眼球、夜が映る。
増殖する、星型の模様。
薬師の顔が歪み、語る。
 
「あの子を助ける事はもう出来ない。」
 
降り注ぐ。
満天の星が、呪いを掛けた。
きみよ。総てを失っても、
ぼくはきみを助けると誓う。
 
――――古く伝わる奇譚に、
願い叶える「魔法の城、真実の書物」の話。
 
手の施し様が無い病。
きみを助けるとぼくは誓ったんだ。
 
ぼくは森へ
魔法の城を探しに行った。
後戻り出来ないくらい、
深い場所に迷い。
やっと見つけた、その場所で
真実の書物は語った。
 
「その魂をよこせ。さすれば、
お前の願いを何でも叶えてやろう。」と――――。
 
“ふかいもりのおくにあるおしろには、
ぼくの、しるした、しんじつ、が、ねむる”

春奈るなの人気ランキング

春奈るなの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.