星野源「スカート」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 星野源 > スカート 歌詞

星野源「スカート」の歌詞を収録したCDジャケット画像

スカート

歌手:星野源
作詞:星野源
作曲:星野源


日差しの中で紅い瞼透ける
微睡みながら埃は光り舞う

まるで子供の頃の春のように
見るものすべて輝いているよう

電波からのサイン 少し無視したら
時間の河を 下るのか上るのか

何もない日々よ
幸福も今はいらぬ
仕事を預けて
昼飯食べる

耳元にはサイン 瞳見つめたら
暗やむ身体 潜るのか登るのか

何もない日々よ
スカートの中に入れて
痛みを預けて
春に手を振る

何もない日々よ
さようなら また逢うまで
おやすみ あなたよ
ドアノブを掴んだら
仕事に行こう

アルバム「Stranger」収録曲


「スカート」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

星野源の人気歌詞

星野源の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.