森恵「路上の鳥」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 森恵 > 路上の鳥

森恵「路上の鳥」のジャケット画像

路上の鳥

歌手:森恵
作詞:松井五郎
作曲:森恵

ビルの影が溢れる
帰り道を探してる靴音
飛び立てる場所さえも
知らずにいる鳥の群れのようだ

そのどこかにいま 私がいる
きっと あの日の私がいる

いつか羽をひろげて
なにができるか試したかった
はじめてひとり
たったひとり
この街で見た
風の行方が どこまでも
続くのなら

仲間たちのアドレス
時はひとりずつ上書きしていく

まだ思い出には 誰かがいる
ずっと 逢いたい誰かがいる

いつかなにもない空に
なにができたか伝えたかった
時が止まった
渇いた路地の
向こう側にも
星の光がかならず
見えるのなら

どれだけ来たか どれだけ行くのか
羽ばたいてれば わかるはずだろう

なにもない空に
羽をひろげて
試したいんだ
はじめてひとり
たったひとり
この街で見た
風がまだ先へ
続いてゆくのなら

アルバム「10年後この木の下で」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

森恵の人気歌詞

森恵の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.