黒崎真音「VERTICAL HORIZON」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 黒崎真音 > VERTICAL HORIZON

黒崎真音「VERTICAL HORIZON」のジャケット画像

VERTICAL HORIZON

歌手:黒崎真音
作詞:黒崎真音
作曲:fu_mou

朝日に触れたら最期でしょう
それは脆く儚いものなのだとしたら..

さざめく波の音 静を蹴散らして
僅かな期待さえも 浚って

傾く地球に何か 望んでみたとして
うな垂れた絶望の色は 「消せない」
揺蕩う水面に映った 白い影がひとり
行き場なくした心 月は、揺れる

境界に沿って 変わらぬ平穏 願い
人は慣れていくのだろう

傾く地球に何か 望んでみたとして
何事も無く緩やかに 「廻り出す」
不動の摂理に真は 蓋をされて眠る
ひび割れていく心 月よ、満ちて

アルバム「VERTICAL HORIZON」収録曲


「VERTICAL HORIZON」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

黒崎真音の人気歌詞

黒崎真音の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.