高垣彩陽「ソプラノ」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 高垣彩陽 > ソプラノ 歌詞

ソプラノ / 高垣彩陽
Amazonで見る

「ソプラノ」歌詞

歌手:高垣彩陽
作詞:石川智晶
作曲:石川智晶


薄い芝生 土が肌をみせる場所で
降りてくる光と咲き始めた感傷
双子のように寄り添ってる
どちらにも心を置いておきたい
いつしか私の歌になっていく
 
今すべてを寒空に捨てたら
この箱の中に重ねてた歌が視線を追いかけてくる
ri-rarara ri-rara 何百もの色彩を抱きしめたことを
誰にも伝えられない
 
寂しさだけ際立ってるこの境界線
余白残しながら答えださず歩く
何年後かもっと別の影に動かされて
その背中がつぶやく言葉をただ歌いたいの
 
今すべてをこの夜に捨てたら
泣きたい場所だけを探すような乾いた曲線をつくるだけ
ri-rarara ri-rara 何千もの涙から語り繋ぐもの
この歌が風を起こす
 
声を拾ってくれたら 声が届いているのなら
ri-rarara ri-rarara ra
 
今すべてを寒空に捨てたら
この箱の中に重ねてた歌が視線を追いかけてくる
ri-rarara ri-rara 何百もの色彩を抱きしめたことを
誰にも伝えられない

アルバム「relation」収録曲


高垣彩陽の人気ランキング

高垣彩陽の歌詞一覧を見る▶

関連動画

この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.